•      
  • ワインの生まれた場所
    ジョージアはワインの生まれた土地で、8,000年
    以上ものワイン作りの歴史があります。
    「「ジョージア」はギリシャ語で農場主たちの地」
    という意味で、コーカサス山脈に挟まれた
    谷間にあり、500種類もの独特なぶどうの
    品種を持ち、本物のワイン作りが行われています。
  • 独特なぶどうの品種
    世界には5,000ものぶどうの品種がありますが、
    世界中で作られている主要なものはわずか
    20種類ほどで、他に60種類ほどが僅かに
    作られている程度です。他では見られない
    500ものぶどうの種類のおかげで、ジョージア
    ワインは本当に特別なものとなっており、 その
    香りや風味は洗練されたワインの目利きすら
    驚かせるものなのです。
  • クヴェヴリ:世界最初のもの
    ジョージアワインは伝統的に大きな粘土の瓶(かめ)
    の中に入れ地面に埋められて作られます。
    ワインは土の自然な温度である15度程度で発酵・
    熟成し、粘土の瓶によって微量の酸素が
    通されます。これにより、ワインには非常に多くの
    ポリフェノールが含まれることになり、健康に
    良いだけはなく、素晴らしい成分の、飲み口と後口に
    優れたワインとなるのです。
  • ヨーロッパ・スタイルのワイン
    ジョージアでの生産量は世界トップ10に入ります。
    ジョージアでは、ヨーロッパ・スタイルのワイン
    クヴェヴリ・スタイルのワインではなく)も、
    ジョージア独特のぶどうを使い、最先端の機材と
    技術を使って作られています。これらのワインは、
    他のヨーロッパ・ワインに比べてとてもリーズナブル
    な値段のもので、みなさまに喜んで頂けるものです。

ナチュラル・ワイン / オーガニックワインって何?

 

現在EU諸国とアメリカでは、オーガニック・ワインとは何か、どんな添加物が 許されるか、といったことに関する規制があります。この規制のもとでは、 ある種の添加物がオーガニック・ワインには認められています。 しかし、「ナチュラル・ワイン(自然なワイン)」がどんなものかという定義がありません。

 

もし一般的にワインが作られるプロセスを知れば、ナチュラル・ワインが どんなものなのか、はっきりと理解出来るかも知れません。

 

一般的な商業ぶどう園では、ぶどうが収穫されるまでに、土・ぶどう・蔓・実に 対して、様々な薬品の使用と行程が用いられます。


ぶどうの木の周りの雑草を殺すための除草剤、ぶどうが早く大きく育つための肥料、 蔓とぶどうに付く虫を殺すための殺虫剤、ぶどうの実に付くカビやうどんこ病を防ぐ 防かび剤などです。

 

これらの有毒な薬品はぶどうの自然な風味と香りを損なうだけではなく、ある程度 ワインの中に残ることになります。そしてあなたはそれを飲むことになるのです。

一度ぶどうが収穫されたら、ワインを「より良く」するための何百もの手順があります。 ここで言う「より良い」とは、商業的に受け入れられる商品という意味で、つまりは 評論家の好みに合うワイン、決まったペースで発酵するワイン、生産後すぐに飲める ワインのことです。

 

ワイナリーで行われるこれらの商業的プロセスは、人間にとって害のあるものではありません。 例えばワインの清澄処理のために卵白を加えること、味を調整するための逆浸透圧技術、 商業用イーストを加えること、水・オーク材チップ・液状の樹木タンニン、酸、 その他何十もの薬品を薬品を加えることです。しかし、結果として得られるものは 「本物の」ワインではなく、「ワイン風ドリンク」です。

 

ワインを安定させるために二酸化ジメチルを加えることは広く行われており、 ワインには「亜硫酸不使用」とラベルを貼ることが出来ます。しかしそれでも ワインは安定化によって「台無しにされている」のです。

 

もしナチュラル・ワインにラベルを貼る決まりがあるとしたら、それは 「内容物:ぶどう」とだけ書かれたものになることでしょう。

 

世界中で食べ物がますます工業的な農園や工場によって作られるように なっているように、ワインもますますこんな作られ方をされるように なってしまっています。私たちは思い出さなければなりません・・・ワインとは 自然の産物であり、大地からの贈り物であるということ。 もしぶどうをクラッシュし発酵するという以外のことをすれば ワインから何かを失ってしまうということを、です。