•      
  • ワインの生まれた場所
    ジョージアはワインの生まれた土地で、8,000年
    以上ものワイン作りの歴史があります。
    「「ジョージア」はギリシャ語で農場主たちの地」
    という意味で、コーカサス山脈に挟まれた
    谷間にあり、500種類もの独特なぶどうの
    品種を持ち、本物のワイン作りが行われています。
  • 独特なぶどうの品種
    世界には5,000ものぶどうの品種がありますが、
    世界中で作られている主要なものはわずか
    20種類ほどで、他に60種類ほどが僅かに
    作られている程度です。他では見られない
    500ものぶどうの種類のおかげで、ジョージア
    ワインは本当に特別なものとなっており、 その
    香りや風味は洗練されたワインの目利きすら
    驚かせるものなのです。
  • クヴェヴリ:世界最初のもの
    ジョージアワインは伝統的に大きな粘土の瓶(かめ)
    の中に入れ地面に埋められて作られます。
    ワインは土の自然な温度である15度程度で発酵・
    熟成し、粘土の瓶によって微量の酸素が
    通されます。これにより、ワインには非常に多くの
    ポリフェノールが含まれることになり、健康に
    良いだけはなく、素晴らしい成分の、飲み口と後口に
    優れたワインとなるのです。
  • ヨーロッパ・スタイルのワイン
    ジョージアでの生産量は世界トップ10に入ります。
    ジョージアでは、ヨーロッパ・スタイルのワイン
    クヴェヴリ・スタイルのワインではなく)も、
    ジョージア独特のぶどうを使い、最先端の機材と
    技術を使って作られています。これらのワインは、
    他のヨーロッパ・ワインに比べてとてもリーズナブル
    な値段のもので、みなさまに喜んで頂けるものです。

ジョージア共和国の伝統的ワイン

伝統的にジョージアワインは、「クヴェヴリ」と呼ばれる 粘土で手作りされた大きな瓶 (かめ)の中で、 土に埋められて作られます。クヴェヴリを作ることは アートであり、良いクヴェヴリは大きな需要があります。 熟成の期間中、粘土を通して微量の酸素がワインの中に供給され (これをマイクロ・オキシジェネーションと呼びます)、 そのおかげでぶどうの種のタンニンが重合反応(結びつくこと)し ポリフェノールになります。ポリフェノールは抗酸化物質で、 健康に良い作用がたくさんあります。典型的には、クヴェヴリで作られた ワインは、通常のヨーロッパ・スタイルのワインに比べて10倍もの ポリフェノールが含まれることになります。

土の中に埋めるため、常に地面の温度(だいたい15度)で 発酵と熟成のプロセスが進みます。一定のゆっくりとした 熟成のため、ぶどうの皮と種から最大限の風味が引き出されるのです。



値段表

購入についての情報と詳細は、私まで、 info@georgiadragonwines.com にご連絡下さい。